openSUSE 開発環境構築の巻

はじめに

I need your advice.

つぎに

開発環境は基本Atomにしようと思っています。

以下蛇足。

この数行を書く間に、そういえばJetBrains製品も選択肢にあったな、と思ったけれどそれはそれ。VimとかEmacsとかを使いこなす自信は皆無なので、今度からおとなしくAtomを利用しようと思いました。Windows, OSX, Linuxとマルチな環境で動くってことは、お気に入りのパッケージや設定を見つけたらどんな環境でもオレオレ環境を用意できるってことじゃん、って思ったからです。(JetBrainsもそうだよ、というのは今更な話。)

 

今回導入する対象は、もちろんopenSUSE Tumbleweed。

 

Atomの導入

ただのコマンド実行。手順は以下の通り。ダウンロードして実行。おしまい!

github.com

  1. Download atom.x86_64.rpm from the Atom releases page.
  2. Run sudo rpm -i atom.x86_64.rpm on the downloaded package.
  3. Launch Atom using the installed atom command.

なんかrpmをダウンロードして"-i"オプション抜きで実行したら整合性がどうとか言ってくる。

どうやら、公式がシグネチャを含ませてないかららしく、すでにgithubレポジトリの方ではissueが立ってた。

github.com

I've created issue #15509 to add signing for linux package and added it to the backlog. Currently we’ve never signed our linux packages. The fact that you're seeing the warning now is a change in the OS

と書いてある。この整合性云々の問題はおいおい解決されるはず。 

 

あとはLaTeXというのを習得したかったので、以下のサイトの内容に従ってとりあえず日本語関連のもののみをインストール。1GBちかくの容量を占めるので、全部インストールしてたらどんなことになっていたか…

https://texwiki.texjp.org/?cmd=read&page=Linux%2FopenSUSE

日本語関連のパッケージのみインストールする場合は

sudo zypper install texlive-collection-langjapanese

 TeX liveのインストールおわり!

次は、PythonとかC/C++とかQtとかもろもろのインストール。これはYaSTを利用した。

 ソフトウェア管理、表示、パターンで、一覧をスクロールダウンすればすぐ見つかる。対象言語だけ選択、インストールして終了。

 

Atomパッケージ

めぼしいものをどんどん導入。パッケージの検索欄が貧弱すぎて使い物にならない。なんとかならないだろうか…意図的なのか?こうやっておすすめのパッケージを書かせることによってAtomがみんなの目に触れやすくなるから…そんなことないか!

atom.io

  • japanese-menu

atom.io

atom.io

  • linter

atom.io

  • git-plus

atom.io

  • merge-conflicts

atom.io

  • script

atom.io

  • dockblockr

atom.io

  • file icons

atom.io

  • Hydrogen

atom.io

  • todo-show

atom.io

  • tabs-to-spaces

atom.io

atom.io

  • project-manager

atom.io

あと何が必要かね、っていう感じだ

とりあえずautocomplete-pythonにはjediを導入する必要がある。

github.com

 

めんどいのでとりあえずここまで書いて投稿。

RIctyとか導入してもいいかもね。