Ubuntuの起動音を変更し Intel入ってるにしてみた話

 

著作権、商標権について

著作権法

elaws.e-gov.go.jp

第30条 : 私的利用

(引用:一部強調)

第三十条 著作権の目的となつている著作物(以下この款において単に「著作物」という。)は、個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用すること(以下「私的使用」という。)を目的とするときは、次に掲げる場合を除き、その使用する者が複製することができる。
一 公衆の使用に供することを目的として設置されている自動複製機器(複製の機能を有し、これに関する装置の全部又は主要な部分が自動化されている機器をいう。)を用いて複製する場合
二 技術的保護手段の回避(第二条第一項第二十号に規定する信号の除去若しくは改変(記録又は送信の方式の変換に伴う技術的な制約による除去又は改変を除く。)を行うこと又は同号に規定する特定の変換を必要とするよう変換された著作物、実演、レコード若しくは放送若しくは有線放送に係る音若しくは影像の復元(著作権等を有する者の意思に基づいて行われるものを除く。)を行うことにより、当該技術的保護手段によつて防止される行為を可能とし、又は当該技術的保護手段によつて抑止される行為の結果に障害を生じないようにすることをいう。第百二十条の二第一号及び第二号において同じ。)により可能となり、又はその結果に障害が生じないようになつた複製を、その事実を知りながら行う場合
三 著作権を侵害する自動公衆送信(国外で行われる自動公衆送信であつて、国内で行われたとしたならば著作権の侵害となるべきものを含む。)を受信して行うデジタル方式の録音又は録画を、その事実を知りながら行う場合
2 私的使用を目的として、デジタル方式の録音又は録画の機能を有する機器(放送の業務のための特別の性能その他の私的使用に通常供されない特別の性能を有するもの及び録音機能付きの電話機その他の本来の機能に附属する機能として録音又は録画の機能を有するものを除く。)であつて政令で定めるものにより、当該機器によるデジタル方式の録音又は録画の用に供される記録媒体であつて政令で定めるものに録音又は録画を行う者は、相当な額の補償金を著作権者に支払わなければならない。
(付随対象著作物の利用)

(引用ここまで) 

商標法

elaws.e-gov.go.jp

私的利用については書かれてない(「私」で調べても検索に引っかからない)。

 

以上の2つの法律と今回の目的と行動は、著作権法第30条の

  • 「私的利用の範囲内での著作物の使用」
  • 「記録または送信の方式の変換に伴う技術的な制約による除去または改変を除く。」

に該当すると考えられます。

…が、所詮素人判断なので、大丈夫だと思ったら試してみてください。

 

Intel、入ってるのアレってカッコいい…カッコよくない?

  • ニコ動の「インテルのCMが凄すぎる件」のような、見ると「すげぇ」という印象を抱くCM
  • 「それまでパッとしなかったのにIntel入れたら(<=ここで音楽流れる)何もかもハイパフォーマンスになる」MAD

で結構強烈な印象があるIntel、入ってる。やっぱりカッコいい…カッコよくない?

 

そんな音楽の音源が今回商標登録され、公式かつ正式な元音源が公開されました。

音楽的要素のみからなる音商標について初の登録を行いました | 経済産業省 特許庁

 

先の著作権や商標に関する個人的な判断を踏まえたうえで、OS起動時にこの音楽流せたらカッコいいよね、という考えから以下のようにして実際にやってみました!

 

 

Windowsじゃできないの?

A. 今のところできないみたいです。

起動時に音を再生することはできても、任意の音源を再生することはできそうにありません。

やるにしてもレジストリをいじる必要があるらしく、面倒そうです。

 

本編:Ubuntuでやってみよう

音源を入手しよう

先ほど示した特許庁のサイトからMP3がダウンロードできるのでダウンロードしよう。

(というかこれダウンロードできるようにしている時点で私的利用OKなのでは?)

ちなみにここで音源を再配信すると著作権法違反に該当する、はず。

音楽的要素のみからなる音商標について初の登録を行いました | 経済産業省 特許庁

 

音源の拡張子変換

Ubuntuが起動した時のデフォルト音源(何という打楽器なんだろうか?)は、 .ogg 形式で保存されている。

ダウンロードした音源はmp3で、再生には専用のコーデックが必要になる。

起動時にmp3の再生に対応しているかわからないので、 .ogg に変換してあげる必要がある。

 

sudo apt-get install soundconverter

 

このコマンドを実行したあと、soundcoverterを起動して2015-029981.mp3をogg形式に変換される、つまり2015-029981.oggが出力される。

法的にこの変換は、先程の著作権法の例外に該当すると判断できる。

 

ファイルの保存

続いて変換したファイルを指定の場所に保存する。

もちろん、元のファイルのバックアップをとることも忘れない。

  • バックアップの作成

cp /usr/share/sounds/ubuntu/stereo/system-ready.ogg /usr/share/sounds/ubuntu/streo/system-ready.ogg.old

cp /usr/share/sounds/ubuntu/stereo/dialog-question.ogg /usr/share/sounds/ubuntu/streo/dialog-question.ogg.old

Ubuntuは起動時にsystem-ready.oggを参照する。続いてsystem-ready.oggはdialog-question.oggを参照する。つまりこれら2ファイルの間にはシンボリックリンクが貼られている。

とりあえず両方バックアップを作成。

 

  • ファイルの名前変更と移動

mv ~/Downloads/2015-029981.ogg dialog-question.ogg

sudo cp dialog-question.ogg /usr/share/sounds/ubuntu/stereo/dialog-question.ogg

 

作業完了。再起動してみよう。

君のパソコンもきっと、「Intel、入ってる!」

え、arm? AMD? powerPC? MIPS? いや〜、それらは流石に…

 

参考サイト

askubuntu.com

 

 

 問題点
  • 音量がめっちゃデカイ…だれか調整方法を…

最大の問題点:

ポップアップで警告出るたびに大音量でポーンポポポポーン!!!!とBGMが流れてしまうので(Firefoxの複数タブを閉じますか?警告のときなど)、やはりこの方法は賢くないやり方だった。

やめておくことをおすすめします。